猫のキッチン侵入防止柵(DIY)

2017/09/02 Category : 自作・DIY
-------------------------
 なつやすみのこうさく
-------------------------
しまねこ工務店(猫のための自作・DIY)の活動記録。

20170902_01.jpg

お盆休みに、キッチンの猫ガード施工に行ってきました。
友人宅を実験台に初めての吊り戸施工。

友人が工務店に見積もりを取ると、扉とカウンター吊り戸全部で25万円くらいだったそう。
(建具屋さん製作の立派な縦格子)
別の工務店に見積もりを取ると、30万円超え。
大工さんに聞いてみるも、作れないと言う。

「んじゃ、お試しで作ってみるわー」
のノリで丸棒柵で作ってみた。
扉はネットでサイズオーダー品を購入してもらい、吊り戸のみ製作。

右側のダークブラウンの扉は、猫の脱走防止専門店 ねこ工房(楽天)の脱走防止扉にゃんがーど。
(塗装は自分で、上下固定部材ディアウォールは白のみ対応なので別途買いなおしたそうです)

戸の材料。米栂と丸棒。
20170902_02.jpg

友人を駆り出し手垢防止に蜜蝋を塗り塗り。
事前に自宅で組み立て。接合はダボ継。
20170902_03.jpg

1日がかりで取り付け。(写真は幕板(上部手前のレールを隠す板)取り付けの前)
20170902_04.jpg

3分の2が解放できる3枚吊り戸。(手前の1枚だけ上部枠を支えるため固定)

見た目はなかなか綺麗に出来ました。
20170902_05.jpg

角材の縦格子に比べて、丸棒だとカジュアルな雰囲気になっちゃうけれど
角材よりは圧迫感と閉塞感が軽減されているかも。あと若干軽くなる。

猫ガードとしての機能は、ロック方法が課題かな。
戸の左右ロックはキッチン側から戸枠に穴が開けてあって、棒を差し込むようにしたけれど
猫に押されたり寄りかかられたときの前後ロックは未施工。
(吊り戸なのでグラグラなのです)

もし押すようなら、カウンターに金具を取り付けるかピンを刺せるよう穴を開けるか等
後から別途施工するわー、で終了。

今のところ、ドアストッパー用ゴム板で固定できているとのこと。
20170902_06.jpg


にゃんがーど が送料込みで42,800円。
吊り戸は材料費約25,000円。施工代は友人&実験台価格で0円。
建具屋発注、経費と利益を考えると工務店の25万円はまあまあ妥当な金額かなあ、と。
需要はあると思うので、丸棒柵でもうちょい安くやってくれる大工さんがいるといいのになあ。

ちなみに、にゃんがーど は扉の高さが約188cm。
取り付け部の高さがそれより高いと天井との間に開きができます。
扉を登って超えることはできないと思いますが
猫によっては、両脇の柱をよじ登って超えることができます(うちのニャオがやった)

チャトの1回目トライアル先のお宅では脱走対策の1つとして
留守中は1階リビングに居てほしいとのことで、
リビングにある階段入口に天井までの丸棒柵を設置。
(我が家のチャト部屋で使っていたものを運んで仮設置)
20170902_08.jpg
急遽施工したので、片側からしかロックできない仕組み。。。

これはツーバイ材という安い建材を使っているので、材料費は全部で約15,000円。
ただし扉としては枠が細く自重でゆがむので、もう少し太くして2,000円アップくらい?かな。
それを考えると、にゃんがーど は良心的な価格でよくできた商品だと思います。


*******

「ハイレナイニャ...」
20170902_07.jpg
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。