保護部屋の変遷

2017/07/16 Category : 自作・DIY
我が家の保護部屋の移り変わり。

参考までに材料費を近所のホームセンター実売ざっくり価格で。
リンクは楽天検索に設定してあります。

まずはTNRをするつもりで寝室の隅に
飼い猫と接触しないよう1畳の隔離部屋を作り、中にケージを設置。
20170716_01.jpg

このタイミングでニャオを緊急保護したため
以後、ここはニャオ部屋となり、飼い猫は寝室立ち入り禁止となる。

長期滞在用に部屋を2畳に拡張。
20170716_02.jpg

ケージフリーにするため、柵を天井まで設置。
20170716_03.jpg

ケージの外はまだ怖いようなので、プラダンを張って目隠し。
20170716_04.jpg
プラダンはその後、ニャオによってボロボロにされる。

柱1本
 2×4材2430mm 約570円
 ディアウォールまたはラブリコ 約1180円
柵1枚(天井まで)
 1×2材1820mm 約290円×6本
 丸棒15φ1820mm 約350円×23本
金物
 柵:隅金物約100円×8
 扉:隅金物約100円×4、ステンレス丁番76mm2枚入り約430円、オートラッチ約480円×2
プラダン
 養生プラダン910mm×1820mm 約300円×2

外が見えるよう、端材で窓に猫ステップを設置。
20170716_05.jpg

集成材で作り直し。
20170716_06.jpg

集成材600mm×900m×18mm 約3000円 カインズ工作室で加工。
L型棚受け 約200円×4
石膏ボード補強 スピードミニ 約2000円(10少量タイプ)

チャトを保護。チャト部屋を急遽作成。3畳。
20170716_07.jpg

壁はディアウォールとベニヤ板。910mm×1820mm×4mm。約600円×3。
ベニヤの上は養生プラダン。
扉に貼ってある黒いのは、夜鳴き対策の波状加工ウレタンスポンジ
吸音効果あり。声が少し響かなくなる。
これはホムセンには売っていなかったので楽天で購入。
ニャオ部屋は壁・天井・窓と5枚貼っていた。

広くするためと、エアコンを共用できるよう猫部屋拡張。
20170716_08.jpg
上部の開いているように見える部分はプラダン。

この時点で2匹ともウイルス検査は完了しているので
飼い猫含め3匹一緒にすることも可能、なのだけれど
TNR期間に何度も野良猫が出入りしたことで
飼い猫がストレスを抱えてしまい、他猫を拒絶。
ニャオは人間も猫もまだまだ怖がっているため、3匹隔離続行。

チャト部屋。4.5畳。
20170716_09.jpg

ニャオ部屋。4畳。
20170716_10.jpg

2匹の間の壁。エアコン横はダイソーのメッシュパネル150円。
20170716_11.jpg

最初は、天井部分に6cmの隙間があり、
一度ここからチャトがニャオ部屋へと脱走し、ニャオがパニックを起こす。
ニャオはその後数日間ケージに篭城。。。

ニャオ窓に突っ張り棚で脱走防止策。
20170716_12.jpg

ニャオ部屋にダイソーのパズルマット敷き詰め。
20170716_13.jpg
パズルマットはその後、ニャオによってボロボロにされる。→食べたことが分かったので全て撤去
ニャオの部屋破壊を遅らせるべく、破壊用ダンボール箱を定期的に補充。

チャト部屋に畳を入れてみる。爪とぎナシ。ほっ。
20170716_14.jpg

チャト部屋に羽根布団を入れてみる。粗相ナシ。ほっ。
20170716_15.jpg

ニャオは保護から半年かけて、やっと触れるように。
ただし3日に1回は引っ掻かれるか噛まれる(泣)
ニャオは怖がり&破壊癖がヒドいので、このままウチの子に。

ニャオが部屋の外にも興味を持ち始めたので
チャトの飼い主さん探しが落ち着いたら、また飼い猫に同居を打診してみよう。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。